みちを探すFind your way to the solution.

社会の課題は解き方を待っている

いつでも、どこでも誰にでも起こりうる課題。
社会工学の使命は、先の見えない世界において、 最良の答えを模索し、そこへたどり着くシステムのデザインを行うこと。

社会工学データサイエンス・ケースバンクでは

筑波大学の社会工学類・社会工学専攻(“つくばの社工”)が 企業や政府・自治体、NPOなどと共に取り組んできた研究事例を集約しています。
その問題発見から解決に至るプロセスを、試行錯誤のプロセスも含めて共有します。

つくばの社工

“つくばの社工”では、1) 社会現象を科学的・工学的に理解し、2) データを用いて解析し、3) よりよい社会システムを設計し、 必要に応じて、4) 実験と提言や5) 測定と評価までの一連の問題解決過程を繰り返しています。

ケースバンクの活かし方

本サイトでは、社会課題の解決を検討しようとする学内外のすべての方にご利用いただける、教育コンテンツを提供しています。

リレーションシップ

“つくばの社工”は、文部科学省事業「数理・データサイエンス・AI教育の全国展開」における特定分野協力校に選定されています。当ウェブサイトは、この事業の支援をうけて作成されました。

参考:「数理・データサイエンス・AI教育の全国展開」の協力校の選定について

上記事業と関連して、数理・データサイエンス教育を普及するための複数の大学・企業の連合体であるコンソーシアムに “つくばの社工”も参与しています。

参考:数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアム