ニュース

2021年度 関東・首都圏ブロック第8回ワークショップ(数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアム)を主催いたしました

数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアムの特定分野協力校として、「2021年度 関東・首都圏ブロック第8回ワークショップ ~「つくばの社工」におけるPBL型授業の実践と検討~データサイエンスに基づく社会問題の解決にむけたエコシステムの構築~」を、コンソーシアムとの共催で実施いたしました(2022年2月22日)。

ワークショップでは、「つくばの社工」のこれまでのPBL型授業の取組みを紹介するとともに、演習・PBL特有の課題について検討を深めました。
当日のプログラムおよび資料等詳細はこちらをご覧ください。

当日は200名を超える方からお申込みをいただき、本ケースバンクについてのご感想・ご意見・ご提案も多数いただきました。心より御礼申し上げます。

※1段目:小林 亮太(東京大学)、岡田 幸彦(筑波大学)、川島 宏一(筑波大学)、森 祐介(つくば市役所・筑波大学)
2段目:駒木 文保(東京大学)、中畑 良介(アクセンチュア)、藤井 さやか(筑波大学)、北川 源四郎(東京大学)
3段目:讃井 知(筑波大学)、河合 玲一郎(東京大学)、塩崎 潤一(野村総合研究所)、鈴木 勉(筑波大学)