ニュース

産業DXワークショップ ローンチング・イベントが開催されました

筑波大学(筑波DXアクセラレーション運営委員会)とつくば市は、2022年7月5日につくば国際会議場において「産業DXワークショップ ローンチング‧イベント」を開催しました。

本ワークショップは、企業・自治体等から提供される実課題・データを題材とし、学生が自ら、問題探索、課題設定、データ構築、分析モデル設計、分析、実装提案までを一気通貫で創造的にリードできる能力を育成するPBL(Project-Based Learning)型授業として、筑波大学社工・サービス工学学位プログラムが提供しています。

本ワークショップは、本年度4回開催される予定です。活動内容の詳細については、当ワークショップのホームページを通じてご覧ください。

 

【ローンチング・イベント概要】

日    時: 7月5日(火)16:00~18:00 ※ 開場 15:30~

開 催 方 法: オンラインとオンサイトによるハイブリッド開催

会    場:  つくば国際会議場  1階 大会議室102 

主    催:   筑波大学DXアクセラレーション運営委員会、つくば市

プログラム:

第一部:16:00~16:45

《主催者挨拶》

筑波大学長 永田 恭介、つくば市長 五十嵐 立青

 

経済産業省情報技術利用促進課課長補佐 金杉 祥平、関東鉄道株式会社 取締役社長 松上 英一郎、関彰商事株式会社 代表取締役社長 関 正樹

 

《事業概要説明》

「筑波DXアクセラレーション:分野を超えた協創で新事業を構想できる両利きの能力育成」      

筑波大学システム情報系    川島 宏一

 

第二部:17:00~17:50

《パネルディスカション》DX取り組みの現状と課題 

司会:筑波大学システム情報系    大澤 義明

パネリスト:

Victor Mulas(世界銀行)、中川喜夫(中川ヒューム管工業株式会社)、藤吉俊晴(理想科学工業株式会社)、藤野左由里(データサイエンティスト)、信夫咲希(筑波大学大学院サービス工学学位プログラム博士前期課程)

指定発言:小松崎光一(株式会社常陽銀行)、渡辺一洋(株式会社筑波銀行)、岡田幸彦(水戸信用金庫・筑波大学)酒井充(水戸信用金庫)      

 

《閉会挨拶》      

筑波大学システム情報系  遠藤 靖典

 

第三部:18:00~19:00

《企業、自治体とのマッチングワークショップ》

 

*筑波大学DXアクセラレーション運営委員会:筑波大学では、データサイエンス関連科目のデジタル教育基盤を強化するとともに、企業等からのDX実課題を多様な主体が協創的に議論する場(協創の場)を設け、分野を超えた解決策を創造‧提案できる人材を養成する教育体制を構築するために、異分野(社会工学・サービス工学・国際マテリアル・情報学)の4つの博士前期課程と1つの学士課程(社会工学)が協力して、当委員会を設置しています。

なお、当委員会の「筑波DXアクセラレーション:分野を超えた協創で新事業を構想できる両利きの能力育成」プロジェクトは、R3文科省補正予算「デジタルと専門分野の掛け合わせによる産業DXをけん引する高度専門人材育成事業」に採択されております。