都市計画演習

【2020年度6班】withコロナ時代と部活・サークル/1年生問題 ~交流の場はどうなる?~

班員:木﨑拓真,北口立大,久米山幹太,広兼靖也,米田有希,渡辺莉緒(担当教員:谷口守,TA:清水宏樹)

背景 新型コロナウイルスにより、大学生にも様々な 影響が及んだ。 部活動やサークルの多くが対面での活動を禁止され、活動の休止、またはオンラインでの活動を余儀なくされた。 例年4月〜5月の入学直後に行われる新歓も今年は中止となってしまい、部員の確保に苦しんでいる団体も多くあると考えられる。よって、部活動やサークルに所属...

Read More

Withコロナ時代 オンライン診療をあたりまえに

班員:川合春平, 神崎達也, 菅野恭花, 滝谷秀, 中村俊太, 花田大地, (指導教員:鈴木勉, TA:榎本俊祐)

新型コロナウイルスは現在も流行が続き、感染拡大は医療機関へ悪影響を及ぼしている。その一つの対応策としてオンライン診療が考えられる。オンライン診療は新型コロナウイルスの対策だけでなく、交通格差や混雑の問題を解消でき、普及することで多くの人にメリットがあると考えらえる。しかし現状としてオンライン診療は認知されているも...

Read More

【2020年度5班】高速道路と鉄道 二つの“道”から覗いたコロナ禍の日本 -意識と行動に着目して

班員:吉田 悠乃, 林 佑香, 樋崎 恵一, 小濱 幸平, 前川 凜, 戸井田 風音 (担当教員:谷口 綾子, TA:南手 健太郎)

COVID-19(以下コロナ)によって、経済活動に欠かせない自動車交通が停滞気味となり、観光渋滞が一気に解消した。しかし、第2波収束後には観光による移動需要が復活し、コロナ前の水準に戻るときもあった。感染への不安から公共交通機関から自動車に切り替える人を考慮すると、コロナ前よりひどい渋滞が発生する可能性もある。また...

Read More

【2020年度1班】COCOA de Go To~ほっと安心できる世の中に~

班員:羽山知希 ,栗原琉輔 ,水野瑛介,吉村洸 ,川瀬理子,堤彩乃(指導教員:糸井川栄一,TA:蒲倉光)

2020 年初めから⽇本でも新型コロナウイルス感染症の感染が拡がっている。 このウイルスは感染力が強く、主に接触感染と飛沫感染の2つの方法で感染が広がっていると考えられている。現在、日本ではロックダウン等の積極的な感染拡大対策は行われておらず、この現状を踏まえると感染拡大を防ぐためには一人一人の予防に加えて、感染者...

Read More

【2020年度3班】コロナから学食を救おう

班員:飯村直紀,島村和惟,須永真弓,長谷川美紅,早川礼奈,渡辺拓生(指導教員:川島宏一, TA:宮下夏子)

2020年7月、「筑波大学三郡食堂の撤退」は我々学生を大きく驚かせた。 コロナの影響により、全国の多くの飲食店で経営が悪化した。 これ以上筑波大学から学食をなくしたくないという思いから、私たちの目標は “二学食堂の経営状況を改善する” に決定した。

Read More

【2020年度7班】コロナ下の交友関係の変化とその要因 ~交友満足のための有効な施策とは~

班員:小林泰輝,斎藤一真,室岡浩基,深井翼,山内賢人,北山晴喜,(担当教員:和田健太郎,TA:高橋諒)

新型コロナウイルスの感染拡大により大学生はオンラインでの大学生活を余儀なくされた。大学生活で重要な点の一つである交友が難しいなど、現状に満足できない大学生の休学・退学希望が出ているという報道もあった。この状況を鑑みて文部科学省は全国の大学に対し、対面授業を5割以上実施することを要請するなどの施策を行っている。文科省...

Read More

サークルから消えた1年生

班員:廣谷泰斗, 原田貴史, 松本太郎, 平川沙和, 谷口渚(指導教員:甲斐田直子, TA:御手洗陽)

背景 新型コロナウイルスは大学生にも大きな影響を与えた(朝日新聞, 2020)。授業のオンライン化、大学の入構規制等の制約によって、特に新入生から友達が作れないという声が多く聞かれた。このwithコロナの時代に新入生が大学で新たな人間関係を構築するために、学生生活の中心要素の一つであり、他学類の同級生・先輩との交流...

Read More